Windows XP Service Pack2を導入された方へ



マイクロソフト社からリリースされた「Windows XP Service Pack2」では、セキュリティー対策の一環として、
コンピューターにアクセスできるアクティブコンテンツを表示できないようブロックされます。そのため、当ウェブページ内でも、
いくつかの内容が正しく表示されなくなります。
対象となるコンテンツはページ内の文字窓に表示される文字列やステータスバーに表示される文字(お知らせに利用しています)、
ポップアップウインドウ(また特別なお知らせがある場合に使用します)など、body属性に組み込まれるタグやSCRIPT languageで
記述されるコンテンツ全般です。小窓リンク(オーディオ用語辞典で使用しています)や、Flashファイルも規制にかかりますので、
アドレスバー下の「情報バー」にてコンテンツの表示を許可してください。


今後とも当ウェブページをよろしくお願いします。



関連情報
Microsoft Corporation http://www.microsoft.com/japan/security/protect/
http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/compatible/sp2/
ソニー http://vcl.vaio.sony.co.jp/products/winxpservice/info01.html
Symantec http://www.symantec.co.jp/region/jp/techsupp/sp2/faq.html
ソースネクスト http://sec.sourcenext.info/support/xp2.html
NEC http://121ware.com/support/pc/winxp/sp2/
富士通 http://azby.fmworld.net/support/win/xp/sp2/index.html?supfrom=top_info#reference
東芝 http://dynabook.com/assistpc/win.htm
Panasonic http://panasonic.jp/pc/support/servicepack/xp/sp2.html
リストにないメーカーは


トップページへ戻る